外壁塗料で大事な4つの成分

何年かに一回しか行われることのない外壁塗装のメンテナンス。

どうせお願いするなら、いろいろ効果があるものを選びたい。

防音、遮熱、消臭、防カビ、耐摩耗、断熱性等今の時代には、メーカーから多くのお客様の悩みにお答えする商品が誕生しております。

今回の内容は、そんな外壁塗装の成分についてご紹介しています

主な4つの成分

種類が多すぎてわからなくなってしまうかもしれませんが、こんな種類があるという事だけご覧いただけますと幸いです。

合成樹脂

耐久性を決める主成分でアクリル、ウレタン、フッ素、シリコン等があります。

添加剤

塗膜に機能を追加したい時に必要な成分となります。艶ありや艶なし、1液型と2液型があります。

顔料

塗膜に色を着色するために使用される成分でエナメルやクリアーなどがその対象となります。

溶剤類

溶剤とは塗料を液体化する成分で、水性と油性の2種利があります。

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の順に価格は高額になっていきます。

アクリルはもうほとんど使われることがなくなってきましたが、ベランダ等にはウレタンを使用することは多いです。

フッ素については、30坪等の平均的なサイズではなく、もっと大きな住宅の場合に利用されている事があります。

 

関連記事

  1. 街の外壁塗装屋さんに依頼をするメリット

  2. 外壁塗装は必要ないという判断は危険?よくある誤解や注意点

  3. アクリル塗料とウレタン塗料の違いって何?

  4. 外壁塗装の相場を焼津藤枝で調べるコツ

  5. 屋根塗装と外壁塗装は別?

  6. サイディングの外壁種類とメンテナンス時期