自社施工の外壁塗装

 

一口に外壁といっても、建物の外部を覆うものからエクステリアまで幅広くあります。そうした外壁には塗料が塗られているものですが、ただ色をつけるために塗装する訳ではありません。もちろん美観やデザイン性に合わせて塗料を使い分ける場合もありますが、本来の目的は塗装することで「外壁材を保護できる」からです。では、なぜ保護する必要があるのかといえば、外壁というだけあり、天候などによる影響は避けられないもの。直射日光がダイレクトに当たることもあれば、雨水を直接受けたり、風によってホコリが付着したりと、内装では起こりにくいことが日常的に発生します。そうしたときのために備えて、ダメージを軽減できるようにするのが外壁塗装の目的であり、同時に必要性といえるでしょう。

 

美しく仕上げるために

 

外観を美しくさせるとともに、住まいの保護も促す外壁の塗り替え。
大切な住まいを守り、長持ちさせるには、防水効果を蘇らせる塗装が効果的です。
ペンタくんでは、それぞれの材質や建物の状態に適した[下地調整]から[最終仕上げ]
まで、一貫した[施工システム]で大切な住まいを守ります。
外壁塗装の目的はお住まいの保護だけではありません。新築時の輝きを取り戻す、これまでと違う色で塗り替えてイメージチェンジを楽しむのも大きな目的です。最近は遮熱塗料、断熱塗料、耐汚染塗料と様々な機能を付与された塗料が発売されています。新築時以上の快適性を手に入れることも可能なのです。
また、定期的に塗り替えを行えば、お住まいの寿命を延ばし、長持ちさせることができます。お住まいの資産価値を長く維持することも可能なのです。

美観の向上も外壁塗装の大きな目的です

 

■After ラジカル制御塗料使用
■After ラジカル制御塗料使用
■After ラジカル制御塗料使用
■Before
■Before