外壁塗装でご近所トラブル!?知っておくべき回避策

外壁のメンテナンスや修理をお願いしたい!

でも外壁って足場を組む必要があると聞いた!

隣との距離がかなり狭い状況だけどご迷惑にならないのかな?

日当たりだけでなく、作業中の騒音等があったら申し訳ないけど大丈夫?

今回の記事では、外壁塗装をご検討の方向けに近所トラブルの防止に対する情報を公開していきます。

外壁塗装に多い近隣トラブルと防止策

実際に外壁塗装を通じて、近所との付き合いが悪くなったという事例もございます。

他にも陰で悪口を言われたとか自分たちの家の修繕をお願いしたらその代わりにお隣との付き合いが悪化したなんてことは誰も望んではいない。

ではどうすればいいのか?

トラブル回避のポイント

まずは、家のリフォームでも外構工事でもとにかく外部の業者が入る時には、以下の点をお伝えしておくことが大切になります。

  • いつからいつまで工事が必要なのか?
  • 足場など具体的にどのような施工が予定されているのか?
  • お隣さんにはどのような不便が感じられる可能性があるのか?(騒音やほこりなどを含めて)
  • ご近所さんの御都合によっては、日程を変えたほうが良いことなどがあるのか?

このような点を確認しておくことが重要。

これは、当人同士だけでなく、業者も必ず近隣にあいさつ回りをしていただくようにお願いをしておきましょう。

やはり塗料を扱うという事だけで、シンナーの臭いが気になるという人はいます。

他にも鉄パイプを組み立てるため、音がうるさいということで苦情を言ってくるケースもあります。

確かに金属音とシンナーのようなにおいという2つがあると、窓を開けるのも辛いですし、家中ににおいが充満したとなると、不快に感じることもあると思います。

ですから、工事の期間を含めて、窓をあまり開け閉めしないようにお伝えすることも大切なこと。

換気を行う際には、反対側の窓でご協力をお願いするなど、出来る限り被害とか生活の不便を感じさせないためのアドバイスも合わせて行っておきましょう。

さらに、書面による交付をしておくことで口頭での説明不備などのトラブルを防ぐことも可能になります。

あくまで、説明をさせてもらったうえで、マーカーなどで線を引きながら、ポイントとなる部分をきちんと書面でも交付しておく。

このような対策をしておくことで、知らなった、聞いていない等の言いがかりをつけられることがないように出来ると思います。

作業ミスによるトラブル

近隣との境界線が狭く、塗料が広範囲になると、その飛び散った一部が隣の家の塀や壁に付着してしまったなんてこともあるかもしれません。

このような問題が発生した際にも迅速な対応を取れるようにどのような連絡方法や作業の予定を入れるのかなども聞いておくこと良いと思います。

中には、突風などの風が強いせいで、きちんと管理をしていたとしても完全に防止ができないこともあるかもしれません。

こうしたことも考えながら、工期のスケジュールも慎重に考えておくことも大切です。

 

関連記事

  1. 外壁塗装の相談はリフォーム会社?専門の会社?どこが良いの?

  2. 街の外壁塗装屋さんに依頼をするメリット

  3. 外壁塗装をしないとどうなるの?よくある質問

  4. 店の塗装もお任せください

  5. 外壁塗装の相場を焼津藤枝で調べるコツ

  6. 外壁塗装業者の職人の素行が悪かった体験で会社選びに不安な方へ…