外壁塗装業者の職人の素行が悪かった体験で会社選びに不安な方へ

  • 昔お願いをしたリフォームの相談で自分たちの希望がかなわなかった
  • 外壁塗装の会社にお願いをしたのにいろいろトラブルがあった

こんな経験をお持ちになると、次に違う悩みが発覚した時にもお願いする時にどこに頼んだら良いのかわからなくなってしまいます。

特に職人さんを通じたトラブルとしては以下のような話を聞いたことがあります。

  • 大きな声でいつまでも話をしていた
  • ゴミを片付けないでそのまま放置された
  • 怒鳴り声が聞こえてとても怖かった
  • たばこのポイ捨てをされた
  • 態度が悪い若い子たちがうろうろしていて不安だった

こんなマナーの悪い対応に憤りを感じながらも怖くて何も言えずに怯えてただ時間が過ぎるのを待っていたという方も昔はよくあったそうです。

でも今は徐々に喫煙マナーやごみの分別、さらには、現場を常にきれいに清潔にしておくということを心がけるように、管理責任者も指導を行っている会社も多くなっております。

業者を選ぶ時に見えてくる現場の意識

契約をする前の打ち合わせでの対応やその時の説明のわかりやすさ等は当日の作業にも大きく影響尾与えます。

わかりやすさを心がける業者の特徴

ただ上から知らない人に対して横柄に説明を行う会社もあるのかもしれません。

しかし、会社によっては、丁寧に専門用語をできるだけ使わないで、初心者の方でもわかるようにかみくだいて説明をしている会社もあります。

このような違いを見ていくと当日の作業もきちんと周りの目や自分たちが作業をしやすい環境作りを心がけていると感じることもあります。

作業当日だけでなく、アフターの付き合い重視

外壁塗装は10年に一度くらいの頻度。

もしかしたら、次の10年後には売却をしているかもしれないというケースもあります。

しかし、少しでも1度お付き合いをいただいた後には長い間に補償や定期検査等でいつでもこえをかけていただけるように配慮しているか?

補償期間を設けるという対応をしているのも今後に同じ会社で最初の時と同様にお話をお互いが安心してできるように心がけることが重要になります。

一方で、補償も何もない場合は、とりあえずその場の仕事を終えて、その後の子とは全く無関心で作業だけを終わらせることに集中する。

このような対応になるとどうしても二度と関わりたくないという関係になってしまう可能性があります。

あくまで昔の苦い経験があった際にも、どこもすべてが同じとは思わないでください。

時代が変わったらその現場で働く人たちの世代も考え方も変わってきています。

弊社は特に、地域密着で少数精鋭で対応をしております。

このような会社であるからこそ、地元の方に長く受け入れていただけるように努力をしてまいります。

お気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. 街の外壁塗装屋さんに依頼をするメリット

  2. 外壁塗装は必要ないという判断は危険?よくある誤解や注意点

  3. アクリル塗料とウレタン塗料の違いって何?

  4. 外壁塗装でご近所トラブル!?知っておくべき回避策

  5. 外壁塗装の相談はリフォーム会社?専門の会社?どこが良いの?

  6. 屋根の塗膜剥がれは厄介?