屋根の塗膜剥がれは厄介?

屋根の一部で塗料が剥がれているような感じがする。

あまり気にしていなかったけど徐々に周辺に広がってきたような気がする。

もうこうなるとどうすることも出来ないのかな?

どのくらいお金がかかるか心配。

静岡県焼津市藤枝市島田市内でこんな悩みをお持ちなら、お気軽にご相談ください。

今回の内容は、屋根の塗膜剥がれについてご紹介していきます。

屋根の塗膜剥がれの補修方法

屋根の塗膜が剥がれてきている状態には何をしなければいけないのか?

原因と対処法についてご紹介していきます。

主な原因としては、下塗り材や施工不良が多いようです。

順にご紹介していきます。

下塗り材とは?

家の壁に塗料を塗る場合は、基本的に3回の重ね塗りをすることが一般的です。

そして、今回の下塗りという作業は、下塗りの専用塗料を使用するのが一般的です。

下塗り用を使うことで、その上に塗る仕上げ用の塗料に対して密着する役目を持っているのです。

つまりは、この下地が劣化してしまうと、上からいくら良い物を塗ったとしても吸い込んでしまうような状態になってしまいます。

これが、外壁の種類として、モルタル材、サイディングの中でも樹脂、金属という違いやコンクリートなど素材が数多く存在しますのでそれぞれに適合するタイプを選ぶ必要があります。

こうした内容をきちんと選定していないことで劣化が早まる可能性があります。

作業はプロに任せることが大事

下塗りだけでなく、その後の仕上げ材の塗布にしてもやはりプロによる職人技術で違いが出てしまう世界。

適合量や塗る回数、時間の間隔をあけるなど細かい内容に慎重な対応が求められるのです。

ただ早く終わればよいという事ではありません。

2回の作業が1回しか行われていないと、当然ながらこれも間違ったやり方ですから、塗った箇所によっては、村や剥がれやすい状態になってしまいます。

まずは一度じっくり今の状態を何社かで確認してもらい、どんな説明が出てくるのかを比較しておくことをおすすめします。

 

関連記事

  1. 外壁塗装をしないとどうなるの?よくある質問

  2. 店の塗装もお任せください

  3. 街の外壁塗装屋さんに依頼をするメリット

  4. 島田市で塗装の無料見積もり希望の方へ

  5. 屋根塗装と外壁塗装は別?

  6. 壁や屋根の塗装はいつお願いするべき?時期の選び方